「 興味ある医学的な話 」一覧

日本人スタッフ便り – 第3回「HIVとエイズについて」

日本人スタッフ便り – 第3回「HIVとエイズについて」

皆さま、お元気ですか?สวัสดีค่ะ 日本人スタッフの加地 茜(かじ あかね)です。 日本人スタッフ便り第3回は、「HIVとエイズについて」です。 HIVとエイズは、今まで一度も...

記事を読む

紹介記事:タトゥーを消せるかもしれない5つの治療方法

紹介記事:タトゥーを消せるかもしれない5つの治療方法

米国の大手世論調査機関「Pew Research Center」が行った調査(2013年7月)によれば、タトゥーを入れている米国人は、全人口のおよそ14%(4500万人)、18〜25歳の36%、26〜...

記事を読む

「心のトラブル」は「脳のトラブル」が原因との考察に関する記事をご紹介

「心のトラブル」は「脳のトラブル」が原因との考察に関する記事をご紹介

最近読んだ「脳のトラブル」が原因と思われる様々な心の病気や症状に関する記事を2つ紹介します。・大人の発達障害が疑われる人が持つ脳の特徴主な発達障害は「自閉症」「高機能自閉症」「学...

記事を読む

「ぜんそく」 発症の仕組み解明されたようです。

「ぜんそく」 発症の仕組み解明されたようです。

難治性アレルギー発症の仕組み解明 千葉大研究グループぜんそくなど難治性アレルギー疾患の発症の鍵となるたんぱく質を見つけ、発症の仕組みを解明したと千葉大の研究グループが発表した。発症を抑える治...

記事を読む

転載記事:タトゥーはキレイに消せる?除去の実態 医師「死ぬぐらいの痛み」

転載記事:タトゥーはキレイに消せる?除去の実態 医師「死ぬぐらいの痛み」

タトゥーはキレイに消せる? 除去の実態 医師「死ぬぐらいの痛み」レーザーの痕・肉割れ・水ぶくれ… 「機関銃で撃たれているような痛み」 彫り師は「人」を見て判断できないと ...

記事を読む

アメリカでは性別再指定手術(GRS)に保険適用が拡大しているとの事ですが、日本では?

アメリカでは性別再指定手術(GRS)に保険適用が拡大しているとの事ですが、日本では?

トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人たち)の権利に対する社会の認識が変化するなか、米国では性別再指定手術(G...

記事を読む

【知らないと30万円損する!】女性ホルモン注射する病院の正しい選び方

【知らないと30万円損する!】女性ホルモン注射する病院の正しい選び方

 とても重要な情報なので、転載させていただきました。「スザンヌみさき」さん、ありがとうございます。今後も良い情報提供を続けて下さい。

記事を読む

NO IMAGE

性行為もできる人工膣の移植に成功、生体組織から培養。

SRS(性別適合手術)にも応用できる時がくれば合併症の「膣の萎縮」が防げるので、一日も早く手術現場で使えるようになると良いですね。日本語の記事はです。

記事を読む

NO IMAGE

ダウン症に合併する2つの血液疾患の遺伝子異常の全体像を解明

記事を読む

NO IMAGE

酔い止め薬に骨伸びる効果 名大グループ解明

FtMの方にも効果アリとなれば朗報でしょうか。 >名古屋大大学院医学系研究科の鬼頭浩史准教授(整形外科学)らのグループは、乗り物の酔い止め薬に使われる「メクロジン」に、骨の伸長促進作用があることを突き...

記事を読む

最近読んだ医学的記事 その2

最近読んだ医学的記事 その2

最近読んだ医学的記事を定期的にご紹介します。・現代を生きる男性や子どもの欲しい夫婦たちを悩ませる「精子の危機」とは? ・コーラをよく飲む男性は精子の数が少ないことが明らかに ・牡蠣(...

記事を読む

NO IMAGE

「精神障害の診断と統計の手引き」は科学ではない!?

利権だけのために・・・ 「DSM」とは、「Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders」の略で、「精神障害の診断と統計の手引き」と訳され...

記事を読む

最近読んだ医学的記事 2013/10/01~10/15

最近読んだ医学的記事 2013/10/01~10/15

2013/10/01~10/15の間に読んだ医学的記事を定期的にご紹介します。・女性の方がタバコの発ガン性物質の影響を受けやすいことが判明 ・週5回の自慰が前立腺ガンを防ぐかもしれません...

記事を読む

NO IMAGE

日本で起こっている精­神薬の薬害について

日時2012年3月4日12:10~12:40内海先生の講演「日本で起こっている精­神薬の薬害について」

記事を読む

NO IMAGE

劇症型のアレルギー「アナフィラキシーショック」を予防しよう

食物アレルギーから起こる劇症型のアレルギー「アナフィラキシーショック」で危険な状態にならないように自分自身で予防することが大切です。 アナフィラキシーショックの原因は未消化タンパク質が原因の一つです。...

記事を読む

NO IMAGE

若者の骨盤に今、何が起きているのか?・・・不妊症の原因かもしれません。

日本人の6人に1人という不妊症にこのような間接的な原因があることに気づきにくいですね。

記事を読む

NO IMAGE

レジリアンス(回復力)という言葉を知りました

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 最近、レジリアンスという言葉を知りました。 「回復力」と訳されていますが、『もともとは、環境変化によって影響を受けた生き物が元に戻る力』と...

記事を読む

NHKスペシャル 女と男 ~最新科学が読み解く性~

NHKスペシャル 女と男 ~最新科学が読み解く性~

NHKスペシャル 女と男 DVD-BOX (2009/04/24) 松本和也中條誠子 商品詳細を見る 人間の基本中の基本である、女と男─。ところが、それは未知なる不思議に満ちた世界だった。 男女はなぜ...

記事を読む

NO IMAGE

抗うつ薬は性機能だけでなく「恋愛能力」にも悪影響の可能性

抗うつ薬は、性機能に副作用をもたらすことが知られているが、さらには愛や恋といった人間の基本的感情までも抑制している可能性があるという。 最も一般的な抗うつ薬である選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SS...

記事を読む

スポンサード リンク
スポンサードリンク
トップへ戻る

連絡方法: