アイコス(IQOS)では禁煙になりません。

タバコに比べれば健康的? 気になるアイコスの体への影響・害

医師としては、ニコチンはニコチン。健康な生活を送るためには、きっぱりと禁煙されることを強くお勧めします。

このような特徴を持つアイコスですが、健康への影響はどうなのでしょう? 「アイコスでタバコが止められたから禁煙成功!」と話している人までいるようですが、医師として結論からいうと、アイコスでは禁煙になりません

アイコスの健康に関しての答えは、ヒートスティックの入った箱を見ればわかります。通常のタバコのパッケージに書かれているように「肺がんの原因のひとつとなり、心筋梗塞や脳卒中の危険性や肺気腫が悪化する危険性を高める」と明記されています。

また、未成年は決して吸ってはいけないことや、副流煙の危険性についてもタバコと同様の注意がきちんと書かれているのです。

確かに、火を使わず、灰を出さず、煙は少ないかも知れませんが、タバコ葉を加熱するために、ニコチンを初めとする様々な物質を摂取することには変わりがありません。ニコチンの依存性は極めて強いので、アイコスだけでもやはり止めづらいのに変わりはないようです。長期にわたって吸い続けると、重篤な健康被害を自分自身だけでなく周囲にも及ぼしかねないという点は、アイコスも通常のタバコと同じということでした。

タバコより健康的?医師が見るiQOSのウソ・ホント
医師として呼吸器外科診療に従事した経験から、最近見かける新しいタバコ「iQOS(アイコス)」について調べてみました。火を使わず、煙も出ず、ニオイが少ないのが特徴で流行しているようですが、「アイコスで禁煙」といった間違った捉え方をしている人もいるようです。アイコスの健康への影響、タバコとの違いなど、その実態に迫ります。
image_pdfPDF化してダウンロードするimage_print印刷する
トップへ戻る

連絡方法: