内視鏡による豊胸(インプラント挿入)手術10日間滞在パッケージ 2017-09-15T14:06:57+00:00

「アテンド料金15%オフ」プロモーション実施中!

円安のため円料金が高くなってしまい、手術希望者の方が困っている現状に少しでもお役に立てるように 「アテンド料金の15%オフ」プロモーションを開始します。
このプロモーション開始に伴いリピート割引やペア・パッケージ割引などは一旦中止させていただきます。

今すぐ問い合わせる

内視鏡による豊胸(インプラント挿入)手術10日間滞在パッケージ

手術費用と検査費用(40歳未満の方):
¥491,519 ± 143,300バーツx3.43円*
アテンド料金:
¥308,700 ± 90,000バーツx3.43円*
小計:
¥800,219 ± 233,300バーツx3.43円*
割引額(キャンペーンにつき15%OFF)
¥-46,305 ± -13,500バーツx3.43円*
パッケージ料金合計:
¥753,914 ± 219,800バーツx3.43円*
*今日の為替レート
  • 総額には食費は含まれません。精算額は精算日の為替レートによって決まります。
    なお、航空券が高騰する季節は追加料金が発生いたしますので、予めご了解下さい。

    ※40歳以上の方は+2,000バーツです。大きなシリコンバッグをご希望の場合は追加料金が発生いたします。

パッケージの詳細

期間

9泊10日(これ以外の日程をご希望の方はお問い合わせください)

日程概要

第一日目:空港までお出迎え後、「コンドータウン」へチェックイン
第二日目:09:30にお迎え後、病院に向かいカウンセリング、その後病院にて手術。そのまま入院となります。
第三日目:病院にて静養
第四日目:午後に退院後、宿泊先にて静養
第五日目:病院にて術後検診をします。
第六日目:宿泊先にて静養
第七日目:病院にて抜糸します。
第八日目:宿泊先にて静養
第九日目
:宿泊先にて静養
第十日目:お客様のフライトスケジュールにしたがって空港へお送りいたします。

このパッケージに含まれる費用

  • 航空券(日本-タイ往復)
  • 空港送迎往復
  • 手術費用
  • 入院中の常駐サポート費用
  • 宿泊費用
  • 宿泊先とクリニックの通院送迎費用
  • 携帯電話レンタル料金(無料)*通話料は150バーツまで無料
  • 携帯電話による24時間サポート(通訳)費用

手術先と執刀医師名

ガモン・パンシートゥム医学博士

ガモン・パンシートゥム医師は、タイ・チュラローン大学医学部一般医学・整形医学のトレーニングを受ける。タイで最も熟練した性転換手術外科医の一人。

ガモン医師は年間100件以上ものMtF性転換手術を手掛けている。1997年以来、性転換症に関する治療症例数は約4000件以上、性転換手術は1,000件以上に上る。

.

支払い条件

申込金15万円の入金後に手術予約確定となります。残金は訪タイして現地にて日本円にて精算させて頂きます。

このパッケージに含まれない費用

  • 食費(朝食は宿泊費に含まれます。)
  • 追加手術のアテンド料金
  • 100バーツを超えた場合の携帯電話通話料(事前にサポート必要分は入っていますが、私用などでそれが無くなった場合)プリペイド式ですので、追加カードはコンビニで買えます。
今すぐ問い合わせる
今すぐ見積もりを依頼する
今すぐ仮予約する
  1. 手術費用は現地タイで手術前に精算(現金またはクレジット・カード)となります。(アテンド料金の精算は現金のみとなります。) なお、クレジットカード利用ご希望の方は事前にクレジットカード会社へ病院での治療費支払いを予定していることを連絡してください。連絡不備や本人確認不備で、海外での多額利用ができない場合があります。
  2. 最終的な円料金は精算日の為替レートによって決定されます。その他食費・雑費など3~5万円ほど別にご用意下さい。

  • 料金は本来はバーツ建てですが、わかりにくいとの声に配慮して円建てにしました。実際の精算時には為替差額が発生する場合 もありますので、予めご了承下さい。
  • 手術費用も料金改定や大きな為替変動があった場合には追加料金が発生いたしますので、予めご了承下さい。

お得なオールインワンのパッケージをご用意しました。 タイ・バンコクで豊胸(シリコン・インプラントによる乳房増大)手術をしたい方は、ぜひご利用ください。費用は最低限度必要なものに抑えて、ご利用者の負担を極力抑えてあります。もちろん不必要な観光などはありません。 術前に服用を避けるべきなのは、基本的に血小板の働きを抑制する薬やサプリ・ハーブ類(抗血液凝固剤)などです。 ビタミンE(内服用)、・アスピリン *(=アセチルサリチル酸 )を成分とする薬(例:バファリン、ケロリンなど) イブプロフェン * を成分とする薬(例:イブA、ナロンエースなど)、ワーファリンなどです。


入金後の予約変更、キャンセルについて

豊胸(シリコン・インプラントによる乳房増大)手術

「内視鏡下豊胸術」がガモン病院で受けられます。

手術費用の改定や為替変動(1円が0.3バーツ以下)がなった場合は、追加料金が発生しますので、予めご了承下さい。

ハイグレードのバッグや大きなバッグなど特別なご要望も可能ですが、追加料金が発生いたします。

形状

サイズ

費用(バーツ)

入院期間

ラウンド型

385㏄まで

120,000

1泊

~485㏄

140,000

1泊

~695㏄

160,000

1泊

700㏄以上

180,000

1泊

ティアドロップ型

180,000~189,000

1泊

MtFの方はラウンド型をお勧めします。 豊胸手術で挿入するシリコン・サイズを400cc.以上を希望される場合は前金が40,000バーツ必要です。 また、400cc以上のシリコンを希望される場合は術前1ヶ月お知らせください。 写真をいただければ何cc.ぐらい使えば適当か回答差し上げます。一気に大きなサイズのバッグは入りません。 写真には、現状の胸の大きさ(左側と右側の距離も)、体重と身長を書き添えていただくようお願いいたします。 尚、豊胸と豊臀を同時に手術はできませんので、半年後をめどに再度渡航する必要があります。
今すぐ問い合わせる
今すぐ見積もりを依頼する
今すぐ仮予約する

FAQ

美容外科手術によって乳房の増大をはかる手術のことです。この手術は小さなあるいは未発達な乳房に対し、あるいは出産後の乳房の縮小などに対し利用されます。

乳房を増大させる方法としてシリコンバッグプロテーゼがよく用いられるので、この件について詳しく触れておきます。これに関しては、”各種注入法とシリコンバッグプロテーゼ”を参照下さい。また、このシリコンバッグプロテーゼに代えて脂肪の注入も試みられていますが、この方法の可能性の限界やリスクなどについてもあわせて書いておきます。

あなたの希望(サイズなど)を率直にあなたの先生にお話することが第一歩です。非現実的な期待を持たないのであれば、あなたの身体のサイズにあわせたバストを手に入れることができるでしょう。このことによってあなたは女性としての自信を得るはずです。
シリコンバッグを挿入すること自体は局所麻酔でも可能ですが、タイでは全身麻酔で行なうのが普通です。手術時間は1~2時間程度のものですし、麻酔の深度も深いものが必要な訳ではありません。しかし、安全をとって1日入院がタイのスタンダードです。
必要な大きさのシリコンバッグは大胸筋の上、あるいは大胸筋の下に作られたポケットの中に挿入されます。経路としては脇の下、乳輪のあたり、乳房下線(乳房と胸壁が接する所あたり)の3つの方法があります。タイではわきの下から挿入するのが普通です。いずれの方法でも残る傷跡は3~4cmのごく小さなもので、時間とともにフェイドアウトし目立たないものになっていきます。どの経路を用いるか、また如何なるバッグを用いるかなど、細かい点についてはそのサイズを含め医師とよく相談して下さい。
いずれの手術においても何らかの不確実は要素は持っています。これは人間という未だ完全に解明されていない物体や事象に対して手術が加えられるためとも言えます。このような一般的な要素の他に乳房増大術では人体にとって比較的巨大なシリコンバッグプロテーゼが用いられます。このプロテーゼは如何に害の少ないものであるにしても異物は異物として反応し、プロテーゼの周囲にカプセルが出来上がっていきます。このカプセルが時に拘縮し非常に硬くなることがあり、稀に修正手術が必要なことがあります。そしてシリコンバッグプロテーゼについて正しい理解を持って下さい。
もしあなたが小さい乳房でお悩みの場合にはこの手術はあなたに良い結果をもたらすでしょう。大きくなった乳房はあなたに自信を与えるはずです。いろいろ論議され問題が全くない手術とは言いませんが、これらのリスクをお含みおいたとしても、あなたにとって自信を与える手術になるはずです。この手術を受ける方は全世界で見れば年間何十万に達する手術だということもお話しておきます。
精神的安定はどの美容外科手術においても重要なことです。乳房が大きくなっただけで、あなたの「人生が全て変わる」といった非現実的な考えはお持ちにならないで下さい。バストが大きくなってこれがあなたの自信につながって、その自信があなたの人生を切り開くパワーになって欲しいと思っています。
今すぐ問い合わせる
今すぐ見積もりを依頼する
今すぐ仮予約する

各種注入法とシリコンバッグプロテーゼ法

乳房は一人の女性の中で、はじめは無かったものが次第に隆起し、乳房を形成し、出産に伴い巨大化し、その後程度の差こそあれ縮小し、下垂する、とても移ろいやすい身体の一部です。そのうえ、乳房の大きさは甚だしく個人差があるわけですから、それぞれの時期や年齢で個々に望む大きさや形も全く個別の問題になります。 このような乳房に対する美容外科手術では、あなたの希望に応じて小さいと思われれば増大手術が、巨大であると思われれば縮小手術が、下垂していると思われれば挙上手術が計画されます。このような一般的な問題の他に左右の非対称、陥没乳頭など乳房に対する美容外科には色々なものがあり、そのひとつに乳ガン術後の乳房の再建が含まれています。 この乳房の美容外科で気をつけなければならないことは、乳房というものが思いのほか体にとって大きな組織だということです。従って目に見えるほど乳房を増大したり、あるいは縮小した乳房を大きく張りをもたせる場合、そこに移植されるべき組織はかなり大きなものになり、ご自身の組織を用いて増大を計画することは不可能に近い現実があります。 このような時に何らかの異物を乳房に注入するか、あるいは、可能な限り安全な物質を袋に詰めて乳房の乳腺組織の下に置き、乳房を大きくできればそれにこしたことはないことになります。

異物注入法の欠点

歴史的に眺めてみれば昭和30年頃に、オルガノーゲンやシリコンといった物質が乳房に盛んに注入されたことがありましたが、これらの結果は悲惨で、これらの物質が安全でないことは証明されています。そして最近にはこれ以外の物質、例えばハイドロジェルの注入などが国によっては行われていることもあるように聞き及びますが、これらの物質の注入が安全だと言う証明は今のところありません。

脂肪注入による乳房増大術の欠点

そこでおそらく誰でも気がつくのがこの脂肪の注入法なのではないでしょうか。お腹やお尻にいかにも余っている脂肪を吸引し、それを乳房に注入すればよいという考え方です。しかしながらここには重大な欠点があります。確かに注入された脂肪は自己の組織で他の異物注入法とは異なった良さはあるのですが、注入された脂肪は吸収されやすく効果が少なく、そして、大量に注入すると嚢腫や感染の危険性もあります。また、注入された脂肪の周囲には石灰沈着という状況がみられることが普通です。この石灰化もしくは石灰の沈着といった状況は脂肪注入によってもたらされた石灰化と、乳ガンによる石灰化をレントゲン線上で見分ける方法は現在のところありません。従って将来的に乳ガン検診の折りにこの石灰化が見付かり、これを切り取って病理的に調べると言うことが繰り返し行われる可能性があります。そしていずれとも分からない部位から本当のガンが発生し、手遅れになれば命に関わる問題となるでしょう。したがって現在まで注入法で安全に乳房を増大させる手法は開発されていません。

プロテーゼによる乳房増大術

もう一方の袋に詰めて異物を乳房下に挿入するという方法は、シリコンバッグプロテーゼ法と言われています。この方法にもリスクが無いわけではありませんが、注入法に比べればはるかに安全度の高い手術となります。 このシリコンバッグプロテーゼによる乳房増大術はアメリカなどの事例をみると、1963年から1992年までの間に100万を越える手術が施行され、現在も年間20万件を越える件数が施行されている手術であることがわかります。 このシリコン製の袋に入ったインプラントに関しても1992年にFDAが乳房増大術への使用を禁止するに近い措置を取った経緯があり、そのことを考えてみても諸手を上げて推薦できる方法だと言うことはできないと思います。ただ、この時の理由としてあがった人間の結合組織の病気をシリコンが引き起こすと言う考え方は現在では否定的になり、またシリコン製のプロテーゼが乳ガンの原因になると言う考え方も否定される方向になってきています。そして事実、少なくともFDAレベルにおいても生理食塩水の入ったシリコンプロテーゼの乳房増大術への適用は認められるに至りました。(このことをもっと細かく知りたい方はhttp://www.iom.edu/をご参照下さい。) このようにかなり問題のある事象ではあるにしろ、この手術に対する要望はかなり根強く強いものがあり、かつヨーロッパ等では広く現在でもシリコンジェルを用いたシリコンプロテーゼが広く乳房増大術に用いられています。 日本美容外科学会より転載

乳房用プロテーゼについて

ここで乳房用プロテーゼと言うものについてお話しすれば、その構造自体はゴムの氷嚢といったものに相当しています。氷嚢ではゴムの袋の中に氷水を入れて頭に冷やすものなどに使いますが、乳房のプロテーゼはシリコンによって作られた袋の中に生理食塩水、またはシリコンジェルを封入し、乳房で必要なほぼ半球形の形状をしたものです。 実際の触感もかなり乳房に近いものです。手術に際しては、このプロテーゼを乳腺組織の直下、もしくは大胸筋の下に作られたポケットの中に挿入することによって乳房の増大を計ろうと言うものです。 シリコンバッグプロテーゼはかなりしっかりしたシリコンの膜に囲まれているため、他の如何なる乳房増大術に比較し、この方法は安全で具体的な方法だと言うことができます。ただしあくまでもかなり巨大な異物を使う手術ですから、それに伴うリスクや合併症などあらかじめよく承知の上、手術を受けていただくことが大切です。 この場合これらのことに関しよく研究している形成外科に精通した医師から手術の説明をよく受け、手術や合併症ならびにその対処法などにつき詳しく尋ね、よく理解されてから手術を受けてください。 あなたが少なくとも決定しなければならないテーマを列挙すれば、プロテーゼの形がナチュラルタイプと呼ばれるティアドロップ型をしているものか、半球形のものか、その表面はツルツルしているのか、ギザギザしているのか、シリコンジェルの入ったシリコンバッグプロテーゼなのか、生理食塩水の入ったシリコンバッグプロテーゼなのか、それらの利点欠点、さらには挿入される場所が乳房下なのか、筋肉下なのか、いずれの切開線からそれが挿入されるのか、等々です。 これらにつき術者の好みや経験などを加味しながら、詳しく説明して下さる医師に手術を受けることをお薦めします。

現在シリコン自体は広く医学の世界で人工関節と人工の心臓弁としても利用されているものです。 いろいろな問題をかかえている乳房増大術ですが、現実には世界中で毎年何十万という方がこの手術を受け、満足されている方も多い手術です。

各インプラントの利点と欠点

①シリコンパット

②生理食塩水パット

豊胸術に関しての注意事項

豊胸用インプラント製造メーカーについて
大胸筋下法の利点及び欠点 乳腺下法の利点及び欠点
利点 欠点 利点 欠点
皮膚に遠い所にインプラントがある 胸筋運動によって胸が動く 皮膚に近い所にインプラントがある 胸筋運動により胸が動かない
痛みが強い(当初) 胸筋運動によって乳房に凹みが出来る 痛みが少ない(当初) 不均整が目立つ
リップリングが少ない インプラントが目立たない 乳腺組織の下垂によって不自然な形になるリスクが増す 胸の形がより自然である 乳腺下垂を増加させるまたは乳腺の萎縮させるリスク
参考資料:  The World’s largest Current Experience Per Heden, MD, PhD, Jan Jernbeck MD, PhD, Magnus Hober, MD 著 Akademikliniken, Stockholm, Sweden Clinics in Plastic Surgery, 第 28巻、ナンバー3、2001年7月

役に立つ経つリンク集

豊胸・バストアップの口コミ広場 豊胸手術・バストアップ法についての基礎知識、様々な治療法、口コミ掲示板 日本美容外科医師会 美容外科トラブル回避法や、トラブル対処法。 日本美容医療協会 日本美容医療協会適正認定医・協会スタッフが答えるオンライン相談室など。 アメリカのインプラント製造会社の日本語サイト シリコンジェル乳房の安全性テスト(日本美容外科学会のサイトより転載) アメリカ、イギリス等では次のような専門家グループや政府調査期間によるシリコンジェル乳房の調査研究が行われている。 ■U.K. Independent Review Group (イギリスI.R.G.) www.silicone-review.gov.uk ■National Science Panel (アメリカ国立科学委員会) www.fjc.gov ■Institute of Medicine (アメリカ医学協会) www.nap.edu/catalog/9618/ ※ いずれのサイトも調査報告を閲覧可能 上記調査機関の報告は、シリコンから成る、またはシリコンを充填した人工乳房は、膠原病に対して、いかなる重大な危険性も与えないとしている。また授乳は安全に行え、人工乳房を持つ女性の子供に及ぼす、2世代の影響はないと結論づけている。

ブレストインプラント製造メーカー一覧 クォリティ委員会 緊急情報 日本形成外科学会(JSPRS) Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery http://www.jsprs.or.jp/ 国際美容外科学会(ISAPS) International Society of Aesthetic Plastic Surgery http://www.isaps.org/ 国際形成美容外科学会(IPRAS) The International Confederation for Plastic Reconstructive and Aesthetic Surgery http://www.ipras.org/ アメリカ形成外科学会(ASPS) American Society of Plastic Surgeons http://www.plasticsurgery.org/ アメリカ美容外科学会(ASAPS) The Americal Society for Aesthetic Plastic Surgery http://www.surgery.org/