新型コロナウィルスによるタイへの入国制限について

2020年9月より日本からタイへ手術目的での渡航が出来る様になりましたが、タイへの入国には制限があります。
詳しくはタイSRSガイドセンター公式ブログを参照下さい。

今からご予約予定の方は、新型コロナウィルスによるタイへの入国制限下では様々な追加費用が発生し、弊社サイト上に表示されている予算目安・滞在期間とは異なりますので、予めご承知ください。詳細については別途お見積もりをご依頼下さい。

現在、年明け1月以降のご予約(ガモン病院)を受け付けています。

精子凍結保存について

精子凍結保存では、文字通り精子を採取して凍結保存をします。精子は洗浄後、最適な状態で液体窒素中に保存され、再び解凍される日を待ちます。

液体窒素中に保存される精子はなんらダメージを受けることなく、理論上では100年単位で保存が可能です。将来、子供を持つ親になるための準備をしておきます。
採取された精子は、あなたがお子さんを望むまで大切に保管されます。精子を凍結保存する方法の安全性は確立していますから、将来のお子さんの奇形率の上昇などの心配はありません。

将来の性別適合手術等によって生殖能力が失われるため、凍結精子を使った体外受精が一つの選択肢となります。(人工授精は想定していません)
この場合の妊娠の確率はおおよそ40%程度、出産の確率は代理出産の場合で35%前後です。

将来ご自身の凍結精子を使ってお子さんを望んだときに、凍結保存された精子を融解後、卵子に顕微授精をという方法で受精させます。
その後複数の胚を確保したのち、妊娠を希望される方に移植を行い妊娠・出産を目指します。

生殖医療の世界的傾向として、制度や法律などの変更が予想される現状では、今後凍結精子の新規受け入れができなくなる可能性も否定できないため、希望される方は事前にお問い合わせ下さい。

自力射精による精子保存(3日間滞在)
JPY 285488

自力射精による精子保存
用意する予算の目安(3日間滞在)

1米ドル115.93円で換算* ¥285,488 前後
*今日の為替レート。
 内訳を見る 
    • 予算額はあくまでも目安で、治療関連費用、サポート費用、宿泊費用と大凡の航空券費用を含みますが、滞在中の食費は含みません。
    • 実際の金額は精算日の為替レートおよび航空券手配後に決まります。治療関連費用が改定の際は、追加料金が発生する場合があります。
    • 滞在は3日間となります。
    • 航空券が高騰する季節は上記より3〜5万円程度余裕を持って予算をご用意ください。

    ※1:ホルモン治療が⻑い場合、現地で保存できる精子が採取できない場合があります。可能であれば事前に日本で精子検査を受けることをお勧めします。
    ※2:精子スクリーニング凍結保存費用が含まれます。また、1回では希望する量の精子採取が出来なかった場合に、滞在3日目に2回目の精子採取を希望される場合は、追加費用150米ドルで可能です。
    ※3:2バイアル分の3年分の精子凍結保存費用を弊社預かり金として、前払い頂きます。この額には凍結保存費用支払いに係る事務手数料10米ドルを含みます。精子採取時に1バイアルしか採取できなかった場合は、6年分の精子凍結保存費用となります。上記費用で計4年(2バイアル保存の場合)または計7年(1バイアル保存の場合)、追加精算なしで凍結精子保管できます(クリニック側保管費用改定の場合を除く)。

アテンド料金15,000円引きクーポン券プレゼント中!

2020年4月6日以降に精子保存のみのパッケージをお申し込み頂いた方に限り、将来タイでの手術予約時に利用できる「弊社アテンド料金が15,000円引きになるクーポン」をプレゼント致します。

※クーポンはご本人様のみが利用できます。クーポンの有効期限は発行から1年間限りとさせて頂きます。本条件は予告なく変更させて頂く場合がありますので、詳細はクーポン券記載の事項を参考下さい。

治療内容と滞在日程

サポート費用の内容

  1. カンボジア・シェムリアップ空港往復送迎タクシー費用
  2. ポケット Wifi レンタル(容量無制限 SIM カード付き)
  3. メールまたは電話でのサポート
  4. カンボジア同行サポート
  5. カンボジア入国時の写真とビザ費用
  6. カンボジアでの宿泊費用(2 泊)
  7. 航空券手配と購入代行
  8. 治療先の予約

サポート費用に含まれない費用

  • 観光案内 *1
  • 滞在中の食費
  • 5年目(2バイアル保存の場合)または8年目(1バイアル保存の場合)以降の凍結精子保管料 *2

※1 現地にはアンコールワットなどの日本語ツアー会社もありますので、お申し出いただければ情報のご案内をしま す。(弊社では送迎はできませんが、情報提供可能です)
※2 以降の凍結精子保管料は 40USD/バイアルとなります。
※3 日程上、シェムリアップ観光の余裕が無い場合があります。余裕を持ってシェムリアップ観光を希望される場合 は、滞在日数の延⻑をご検討下さい(別途追加費用)。

精子保存に関する前提条件

  • 最低でも精子保存の3ヶ月以上前から、可能であれば6ヶ月前から、女性ホルモンおよび抗男性ホルモン剤による治療を中止していること。
  • 渡航の1ヶ月前までに精子検査を受けていること。

治療先と滞在先

治療先:カンボジア国シェムリアップの専門クリニック

滞在先:クリニックから徒歩1分のラグジュアリーホテル

日程概要

1 日目:渡航日。タイ経由でカンボジア・シェムリアップに渡航します。
2 日目:精子採取と保管します。
3 日目:精子採取予備日(午前)。夕方の便でタイ経由で日本へ帰国となります。

※この日程概要は大凡の目安です。より詳細な日程概要は仮予約後にご案内させて頂きます。

今すぐ問い合わせる
今すぐ見積もりを依頼する
今すぐ仮予約する
  1. 費用は渡航の1ヶ月前までに国際送金で弊社タイ口座まで送金頂きます。(希望により現地での現金払いも可能です)
  2. 最終的な円料金は精算日の為替レートによって決定されます。その他食費・雑費など1~2万円ほど別にご用意下さい

カンボジアでの精子保存のみを希望される方は、ぜひご利用ください。費用は最低限度必要なものに抑えて、ご利用者の負担を極力抑えてあります。もちろん不必要な観光などはありません。


入金後の予約変更、キャンセルについて