Project Description

2006年始めに日本で初めて「ガモン・クリニック(今はガモン病院)」を紹介した実績一番のパイオニア・エージェントとして信頼安心のサービスを維持出来るよう一層努力していきますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。

お知らせ

2018年2月1日より、MtF(男性から女性へ)SRS(性別適合手術)において「造膣なし」または「陰嚢皮膚移植法」で手術の際に、BMI(体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数)の値が27を超える場合は、手術費用の30%が加算される事となりました。高BMI値での全身麻酔での手術にはリスクを伴いますので、手術前に体重管理をお願いいたします。

年齢による術前検査費用の追加について

ガモン病院では、年齢による術前検査項目の違いから、以下の条件で追加費用が発生します。

  • 35歳以上〜40歳未満の方:心電図検査費用1,500バーツが追加となります。
  • 40歳以上の方:心電図検査と簡易ストレステストの費用2,000バーツが追加となります。

※40歳以上の方で、持病のある場合や心臓関連の治療中(または投薬中)の場合は、希に、渡航後に総合病院での精密検査を行う場合があり、その場合は最低6,050バーツからの追加検査費用が発生します。

新型コロナウィルスによるタイへの入国制限について

2020年9月より日本からタイへ手術目的での渡航が出来る様になりましたが、タイへの入国には制限があります。
詳しくはタイSRSガイドセンター公式ブログを参照下さい。

今からご予約予定の方は、新型コロナウィルスによるタイへの入国制限下では様々な追加費用が発生し、弊社サイト上に表示されている予算目安・滞在期間とは異なりますので、予めご承知ください。詳細については別途お見積もりをご依頼下さい。

現在、今年11月以降のご予約(ガモン病院)を受け付けています。

2011年2月から「ガモン・クリニック」改め「ガモン病院(ガモン・コスメティック・ホスピタル)」へと生まれ変わり、SRS手術を担当するガモン医師のー般・整形医療実績は4,000件を悠に超え、性転換医療については1,000件以上の実績と経験を誇ります。

ガモン病院は個人病院ならではの落ち着いた雰囲気と清潔感があり、患者様本意での充実した手術・処置が受けられます。病院内の設備は日々メンテナンスが行われており、初めてガモン病院を訪れた方は皆、病院とは思えないほどの開放感を口にします。

手術費に含まれるサービス

  • 術前後の病院でのケア

  • ドクターフィー

  • 手術費と麻酔代

  • 術前後の診察代

  • SRSダイレーターを含む術後一週間分の医療品代

  • 医療証明書

  • 滞在中の修正手術はドクターフィーがかかりません。

  • 術後一週間後の投薬料

  • 1日2回の術後ケア

ガモン病院での手術一覧

手術費用の一覧を見る

各手術ページでは、手術関連費用 + アテンド料金 + 航空券 + 宿泊費用を含めた、目安となる予算額を表示しています。

「これぐらいかと思っていたら、予想外に費用がかさんだ」なんて心配は無用です。 あとは食費とお小遣いだけ3~5万円をご用意下さい。

人気の術式はコレ!

陰嚢皮膚移植法
(入院6日)

SRS/MtF 3週間滞在

詳細を見る

開腹法によるS字結腸法
(入院7日)

SRS/MtF 24日間滞在

詳細を見る

外性器のみ造形
(造膣無し)

SRS/MtF 2週間滞在

詳細を見る

腹腔鏡によるS字結腸法
(入院7日)

SRS/MtF 24日間滞在

詳細を見る
見本画像はコチラ(ダウンロード)

パスワードが必要です。 パスワード申請はコチラです。

 

執刀医紹介

ガモン・パンシートゥム
ガモン・パンシートゥム医学博士

ガモン・パンシートゥム医師 は、1959年11月生まれで国立チュラロンコーン大学の医療センターにおいて、ー般、整形医療の学問を両医療の権威者であるプリチャー教授、及びチャラン教授のもとで学ばれました。

ガモン医師のー般、整形医療実績は、10,000件を悠に超えておりまして、性転換医療につきましては、5,000件以上の実績と経験をほこっております。

全ての女性が美しくありたいと願望される、豊乳、隆鼻、顔の若返り、化粧品による障害徐去等の手術はもちろんのこと、MtFの皆さん方が、完全な女性への変貌を熱望なさっておられる転換手術は、ヴァギナ・クリトリスをも創造され、女性と全く同ーの感覚を待った女性自身を授かって貰つたことにMtFの皆さん方は、長い間の念願だった夢が完全に叶えられたことで感激と感謝の気持ちを持たれます。

術後の経過は、全く何の後遺症も見られずに充実した日常生活を営んでおられます。当医療センターの患者さんは、外国にもおよんでおりまして、ドイツ・イギリス・日本・中国・台湾・韓国・マレーシアさらにタイのMtFの皆さんを始めとして、諸外国からも大反響が続々と生まれております。

職歴:

  • 1986 – 1988:
      – 総合診療医、タイ・ウドンタニ県「コミュニティ病院」
  • 1989 – 1992:
      – 一般外科研修医、タイ「チュラロンコン病院」
  • 1992 – 1994:
      – 一般外科医、タイ・バンコク「インターナバナコーン病院」
  • 1995 – 1997:
      – 形成外科研修医、タイ・バンコク「チュラロンコン病院」
  • 1997 – 2003:
      – 形成外科医、タイ・ロッブリー市「Ananthamahidol病院」
  • 1997 – 現在:
      – 形成外科医、タイ・バンコク「ガモン美容外科病院」