この性別適合手術(性転換)のメリット

  • 少ない予算で受けられるSRS

  • 膣を造らないからメンテナンスが楽

  • 短期間で帰国できる

この性別適合手術(性転換)のデメリット

  • 膣を造らないので性交渉は不可

  • 将来的に膣を造りたい場合、S字結腸法の選択肢のみに絞られる

ガモン病院
MtF(外性器のみ造形-造膣無し)手術(14日間滞在)
JPY 1216286

ガモン病院
MtF(外性器のみ造形-造膣無し)手術
用意する予算の目安(14日間滞在)

1バーツ3.62円で換算* ¥1,216,286 前後
*今日の為替レート。
 内訳を見る 
    • 予算額はあくまでも目安で、手術関連費用、アテンド費用、宿泊費用と大凡の航空券費用を含みますが、滞在中の食費は含みません。
    • 実際の金額は精算日の為替レートおよび航空券手配後に決まります。手術料金が改定の際は、追加料金が発生する場合があります。
    • 滞在は14日間、入院は4日となります。
    • 航空券が高騰する季節は上記より3〜5万円程度余裕を持って予算をご用意ください。

    ※35歳以上の方は術前検査費用に関して、こちらを参照ください。

手術に必要な書類と条件

  • 手術が妥当であるとの記述がある日本人医師の自筆署名のある日本語または英文のGID診断書または推薦状1通
  • ホルモン治療暦(6ヶ月以上)
  • HIV検査票・健康診断票
  • 手術希望箇所の現状写真
  • 未成年の場合は親権者の同意書と親権者の同伴が必要
  • HIV陽性の場合はケース・バイ・ケースですが、CD4値(免疫力のレベルを測る指標)の確認と手術費用が50%増しを了解していただければ可能です。
  • BMI値(下記参照)が27以上の方は、手術費用が30%加算となります。

■ 肥満の方は、減量をお願いします。BMI(Body Mass Index:体重÷身長÷身長、例えば、身長170cmで、体重70kgであれば、70÷1.70÷1.70で、BMIは、24.2となります)。日本肥満学会の分類では、25以上が肥満となります。特に、BMIが27以上の方は手術費用が30%加算となります。

肥満の方は糖尿病や狭心症の負荷の増大の合併が容易に予想される患者も少なくありません。厚い腹壁や、腸間膜内臓に蓄積した脂肪が、手術そのものを困難にしますし、腸管損傷等の術中合併症の頻度が増加します。肥満の人は術中の呼吸管理が難しく、呼吸不全の頻度が高くなります。血行状態が悪い為、術後感染症、静脈血栓、縫合不全などを起こしやすくなります。

  1. 手術費用は現地タイで手術前に精算(現金またはクレジット・カード)となります。(アテンド料金の精算は現金のみとなります。) なお、クレジットカード利用ご希望の方は事前にクレジットカード会社へ病院での治療費支払いを予定していることを連絡してください。連絡不備や本人確認不備で、海外での多額利用ができない場合があります。
  2. 最終的な円料金は精算日の為替レートによって決定されます。その他食費・雑費など3~5万円ほど別にご用意下さい。
  3. 睾丸摘出済であるかどうかにかかわらず、手術関連費用は同一です。

手術内容と滞在日程

この性別適合手術(性転換)について

この手技は、陰茎と陰嚢皮膚を使用して、小、大陰唇、陰核(クリトリス)、陰核包皮、女性の尿道などの外性器を構築します。陰茎皮膚は小陰唇と陰核包皮を形成するのに使われるので、陰嚢皮膚移植片を膣壁として使わない限り、膣の深さは非常に不十分です。この手技は、経膣性交を必要としない人や膣拡張作業をしたくない人に適しています。

日程概要

■手術日の2日前に渡航する日程です。
2日前:渡航
1日前:ガモン医師とのカウンセリング+タイのGID診断書取得のためのカウンセリングと健康診断
当日:手術 (SRS手術執刀医:ガモン・バンシートゥム医学博士)

  • 日程に問題がある場合やご質問などありましたら、遠慮なくご質問していただけると幸いです。

宿泊先

弊社レンタルマンション【コンドータウン】

MtF+豊胸などの組合わせパッケージ

お勧めガモン病院は他のクリニックや病院で行ったMtFの修正手術も行っています。料金は個人差がありますので、お見積もりのための画像を添付して見積りをご依頼下さい

複数手術組み合わせパッケージのご案内

他の性別適合手術/性転換の術式を見る